高麗人参WEB

効果なしの真偽を確認せよ!

高麗人参に適した土壌とは

市場での価格変動があまりにも激しいこともあって、自分の家で高麗人参を作るというご家庭も少なくありませんが…
実際の所、高麗人参を栽培する際には、土壌と環境管理に非常に気を使う必要があります。
高麗人参を育てるためには、どのようなことに気をつければ良いのか?
高麗人参を育てる土壌や、環境に関してご説明していきます。

●高麗人参を作るのに適した土壌とは?
高麗人参を作る際にはまず、土づくりが何よりも大切です。
土を作る際には、このようなことに気をつけましょう。
・水はけが良い土を作る
高麗人参は湿度に弱いため、水はけが良いサッパリとした土壌を作ることが大切です。
じめじめとした土を避け、水はけが良い物を選ぶように心がけましょう。
・化学肥料は使わずに天然の肥料を使う
高麗人参は、土の栄養素を全て吸収するほどの力を持っていますが…
その為、化学肥料などを使ってしまうと、食べる際にその化学肥料の栄養素が体に取り込まれてしまう恐れがあります。
また、化学肥料に非常に弱いため、場合によっては枯れてしまうことも…
肥料を与える際には、トウモロコシなどを混ぜたりした土を使うように心がけましょう。

●高麗人参を作るのに適した環境は?
高麗人参は、高温多湿の地域や、暑い地域、寒い地域が苦手です。
過酷な環境下ですと枯れてしまう恐れが大きいと言えるでしょう。
育てる際には、暑すぎず寒すぎない、湿度が高くない地域で育てることが大切です。
また、直射日光に当ててしまうと葉が枯れてしまうので、直射日光の当たらない場所で育てるようにしましょう。
何かと気を使うことが多い高麗人参。
更に育てるのに5~9年以上かかるので、なかなか自家栽培が成功しているご家庭は少ないようです…。
ですが、見事成長してしまえばこちらのもの。
自家製の安心安全、美味しい高麗人参を摂取することが出来ますよ!
はじめて高麗人参を育てるという方は、種からではなく苗から育てることをオススメします!